2013年10月28日月曜日

親子で向き合う時間、学習タイム

街はハロウィンで賑やかですね。
今日はすっきりとした秋晴れで気持ちがいいです^^

この清々しい秋のハロウィン時期、実は息子の誕生日の時期でもあり、10月になってからは毎日のようにカレンダーをチェックして「もうすぐ僕の誕生日だよ!」と嬉しそうに言います。30日なのであと二日だね!

さて、夏休み頃から暇な時に少しずつやっていたお勉強。
30分くらいはじっと座っていることができるし、今のうちからお勉強をする習慣をつけちゃおうかと思って時間を決めて毎日やってみることにしました。

部屋の隅に置いていたローテーブルを思いきってリビングの中央に移動し、19時半か20時頃にその日やる教材を置いて「はい、おいで〜」と声をかけるようにしました。

主な教科は、算数、国語、英語、お絵描き、ゲームです。
その日の気分でどれかを選んでやっています。

*算数
パズル系のドリルと図形や論理的思考系の問題集をその日の気分で選んでやっています。

賢くなるパズル 数字ブロック初級―宮本算数教室の教材 宮本算数教室の教材 賢くなるパズル―入門編 考える力を伸ばす パズル道場の秘伝公開! 天才脳ドリル 空間把握 初級: 賢い子には知識では測れないセンスがある! 5歳~小学3年 考える力がつく 算数脳パズル なぞぺー(1)
「賢くなるパズル」はゲーム感覚でできる数字パズルですね。

賢くなるかどうかは?だけど、何度もトライしていくうちに解く速度は上がってきていると思います。数字ブロック初級は数字好きの男の子におすすめです。「できるよ。簡単だよ。」と言うくらいがサクサク進んで楽しそうです。

入門編は、迷路に少し近いような先を見ないとゴールまで辿れない要素があってまぁ面白い。コツがつかめるか、粘り強く取り組めるか、視野を広く持てるか、解いている様子からいろいろ見えてきます^^

「なぞぺー」は一問一問全然違う問題です。なので1問を悩んでじっくり考えるための本ですね。時間がたっぷりある時にやるようにしています。自分で答えにたどり着くようないいヒントを私が考えるのが難しい!

*国語
幼稚園でひらがな、カタカナ、漢字(か、漢字も!?)を練習しているそうなので、おうちでは覚えるための文字練習はやらないことにしています。(ドリル的なもの)

代わりに、文章を書く=作文を主にやりたいなと思っています。

例えば、幼稚園での出来事や誰かと遊んだ等、秀人が話すことを私が適当にひらがなで文章を書いて、それを見本にして同じ文章を秀人にノートに書かせます。(書き順、『っ』や『ょ』、句読点などもチェックしながら)
さいしょは、おたよりちょうをだしました。
つぎは、おトイレ。
それから、うめぐみで、ねんどであそびました。

単純で意味のない文字練習をするよりも、実際に文章を組み立てて書く方がよっぽど楽しくて意味があると思いませんか?日記にもなるのでこの取り組みはおすすめです☆

*英語
英語のワークか、最近はBrainQuestのクイズカードをやっています。

  I Can Read (Grades K - 1) Spelling (Grades 1 - 2) (Step Ahead) My First Brain Quest: 350 Questions to Build Your Toddler's Word Skills Brain Quest For Threes: 300 Questions and Answers to Get a Smart Start: Ages 3-4

ゴールデンブックスのワークブックは薄くて1ページあたりの量も少なく安い(300円くらい)ため、手軽に始められました。今はSpellingの方が終わってI Can Readが残り数ページです。

BrainQuestのクイズカードは2月に買っていたのですがその時は全然興味を示さず、難しかったようでした。緑のお猿さんの方は350の質問が、青のねずみさんの方は300の質問が束になったカードに書いてあります。質問は、例えば本のイラストがあって「What is this called?」「Which book is open?」という簡単なものばかりです。

まさに今がちょうどいいレベルみたいで、質問にどんどん答えられて面白いみたい^^

*お絵描き
お勉強ばかりだと飽きるし疲れてしまうので、仁菜と一緒にお絵描きやゲームをすることもあります。


仁菜には運筆やぬりえ用のプリントを印刷して渡しています。2〜3歳さんにはなぞったり塗ったりするこちらがおすすめです!
もっと上の子には絵描き歌のようなやさしいお絵かき練習が楽しそうですね^^

右のアンパンマンの絵、まるで夕焼け空にお月様のようにアンパンマンが輝いています。
(赤いクレヨンを相当消費している!)
よく見ると下の方に黄色い字で何か書いてあります。

「HAPPY BIRTHDAY ANPANMAN」

アンパンマンも誕生日なのね^^
バースデーケーキにはアンパンマンのデコレーションしたものを注文しておいたよ!



おうちで子どもと一緒に毎日過ごしているけれど、じっと様子を観察したり、話に耳を傾けたりする時間って意外と少なくありませんか?
一緒にテレビを観てリラックスしたり、子どもたちだけで遊ぶ時間ももちろん大切です。
我が家は学習タイムという形にしましたが、親子で向き合って何かする時間って案外大切なんだなと思いました。

***

ポチッと応援クリックして頂けたら励みになります☆
にほんブログ村 子育てブログ 2008年4月~09年3月生まれの子へにほんブログ村 親子英語へ

2013年10月23日水曜日

おうちピアノ☆お小遣い制を始めました

今日はピアノのお話です。

週に一度のなんちゃってピアノ教室を始めた流れで、秀人もお友達と一緒に習い始めたピアノ。正直、本人にやる気があるのかないのかよくわかりません(^^;)

始めたからには毎日練習して欲しいなぁ。
でも新しく取り組む曲はもちろん最初からスラスラ弾けないから、難しい、だからやりたくない(面倒くさい)と思ってしまうようです。(その気持ちはよくわかる!)

ここで、負けず嫌いなお子さんやピアノが大好きなお子さんならば、できなくても地道に頑張ったり、できるまで弾き続けたりするのでしょうが、秀人はそういうタイプじゃないんですよね。

ピアノをイヤイヤ練習させるのは違うな〜、でも練習しないと弾けるようにはならないし、その先にある面白さもわからない・・・うーんどうしよう?

そもそも、なんのためにピアノを練習するのか?

彼自身に明確な目的が無いことに気づいて動機付けをあれこれ考えました。
・ピアノが好き → NO!好きか嫌いかといったら普通です。
・弾きたい曲がある → NO!曲にこだわりはないようです。
・お友達との競争 → ちょっと気になっている時もあるけど基本はマイペース。

幼少の頃の私とよく似ているな〜。

私はピアノは好きでも嫌いでもなく、ただ課題をこなすものとして練習してました。
一人で黙々と行う地道な鍛錬・・・これじゃあ楽しくないね^^;
(でも、中学生くらいから有名な曲を弾くようになってからは面白いと思うようになりましたよ!)

そこで、こんな動機付けを考えました。
・ピアノを弾いて誰かを楽しませる、喜ばせる → ママに褒められたら嬉しい!

自己研鑽のような内向きな音楽もいいけれど、音楽は人に聞いてもらったり一緒に演奏したり喜んでもらえたり、そういうことが音楽の楽しさなのかな〜と思いました。

練習している時にママが聞いてて「今の良かったね」と何気なく褒めたり、曲の持つイメージを一緒に話したりするだけで子供は嬉しいしやる気がでる、とピアノ上達情報に書いてありました。

なるほどなるほど。

そこで我が家のピアノ練習をこのようにしました。

☆練習への声かけ
「ピアノを聞かせて欲しいな」とお願い調に。気分良くピアノに向かうようになりました。断られても、じゃあ明日やろうね〜と一日お休みしても気楽に。

☆一緒に弾いたり応援したり
伴奏を弾いて一緒に合わせたり、左手パートを私が弾いたりすることも。
調を変えたり、すごく速く弾いてみたり、いろいろアレンジして遊んだら面白いね。
あとは仁菜の相手をしながら「今の良かったよ〜」「惜しい!あと少し!」「頑張ってー」と応援したり。

☆一曲仕上がったらご褒美
「頑張ったね。上手に弾けてたよ!良い演奏をありがとう」という気持ちを言葉で表すようにして、ご褒美にお小遣いとして10円をあげています。
お金を大事に財布にしまって時々いくら貯まったか数える秀人。この前、アンパンマンの玩具(3980円)が欲しいと言うので、ピアノの練習して自分のお小遣いで買おうねと言ったら、「うん!頑張る!」と。素直で前向きな息子〜!!頑張れば一年くらいで手に入るかもよ!?

ピアノお小遣い制はなかなか面白い試みで、本人もやる気が上がったようです。
自分の好きな物が買える自由って嬉しいですよね。しかも努力すれば必ず得られるならモチベーションは上がります☆

ちなみに始めてから半年でまだ「ぴあのどりーむ1」です(^^;

***

ポチッと応援クリックして頂けたら励みになります☆
にほんブログ村 子育てブログ 2008年4月~09年3月生まれの子へ

2013年10月13日日曜日

【4歳囲碁】高校生の先生は丁寧で論理的!

最近囲碁の様子を書いていなかったので三週分まとめて記録しておきます。



先々週は、秀人、NK先生に負かされて泣いてしまいました。

「だって、(グスン)、先生が、僕の陣地に入ってくるから〜」と泣く秀人。

囲碁教室の中でこのおじいちゃんNK先生がおそらく最も強い先生。
しかも4歳児であろうと関係なく攻めてきます。

へこんだ秀人はI先生と打って勝たせてもらってました。



先週は、私と秀人で13路の三回勝負。
1回目、置石無し:一目差でママ勝ち
2回目、置石無し:十目以上の差でママ勝ち。
3回目、二子置き:秀人の勝ち。

その後、私はM先生と19路で指導碁だったのですが、どこに置こうか決められなくて手が止まっている私に、「長考しても仕方がないんだから。」とM先生に言われてしまった〜。まぁそうなんですけどね。。。
あっちか、こっちか、それともココらへんに置きたいんだけど、どういう思想を持って最善手を決めればいいのでしょうね?優柔不断なので考え方を教えて欲しいです!



昨日は、秀人はI先生とNK先生と一回ずつ打ってもらいました。

受付の方から「これからは必ず一回はNK先生と打ちましょうね。毎週挑戦すればいつかは勝てるかもよ〜^^」と激励のお言葉をかけてもらいました。NK先生に本気で勝つ日はくるのかしら?

私は高校一年生の初段の男の子に初めて声をかけて指導碁をしていただきました。

物腰が柔らかく親切な男の子なので、他の高齢の生徒さんお二人も周りに集まって、
「あら、あなたの説明はわかりやすいわ〜。」と高校生くんを絶賛!

他の先生方は、こう打つとこうなってこうなってこう!と一人でパチパチ石を並べてしまい、ついていくのが大変なんです。そうなんですか〜と適当に相槌を打つけど半分くらいしかわからないよ・・・。
でも、この男の子はゆっくり説明しながら並べてくれて、私が石の動きをしっかり観て覚えるまで待っててくれます。

しかも、私が「ココかソコかコッチか打とうと思うのですが、どこが一番いいですか?」と聞くと、「こういう場合はこちらでしょうね。なぜならここに石があるから・・・」とか「ここに置く方が一番大きいです。」とか「こういう形の時は、ここが切れるんですよ。実際に置いてみましょうか。」と、きちんと理由をわかりやすく説明してくれるんです。

結局、30分の指導碁を二回やってもらって、一回目は地を堅く作る守りの碁で、二回目は途中から戦いになる場合の碁をやってもらっちゃった☆

すごく丁寧で論理的に教えてくれるし、私も質問しやすくて気持ちよく学べました。
いや〜、良い先生を見つけました^^

***

ポチッと応援クリックして頂けたら励みになります☆
にほんブログ村 子育てブログ 2008年4月~09年3月生まれの子へにほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ

2013年10月7日月曜日

算数パズルで論理的思考力とひらめきを養う

英語と同じくらい、いやそれ以上に子供たちと一緒にやりたいな〜と思っているもの、
それは何かというと算数です!

計算練習とか受験算数とかそういったものではなくて、図形の不思議な性質、数の持つ驚きのルールなど、ワクワクしながら一緒に解いたり考えたりしたいな〜と思って少しずつ準備を始めることにしました。

現在までの取り組みはこんな感じです。

◆夏休み前に買った「はじめてなぞぺー」が終了。
年中〜年長が対象のドリルだったのでとても解きやすかったです。迷路のような問題、道順パターンを洗い出す問題、鏡を使う問題、一つだけ違う形を探す問題、国語のように理解力を問うような問題など、親子で一緒に謎解きする感覚でできました。
秀人は迷路や道順パターンが好きでそればっかりどんどんやってたよ^^

年中〜年長 考える力がつく算数脳パズル はじめてなぞぺー5歳~小学3年 考える力がつく 算数脳パズル なぞぺー(1)

なかなか良かったので「なぞぺー①」に進むことにしました。

◆「賢くなるパズル」は10級は全部終わり、9級が半分くらい、8級は少しだけ。
一年前に買ったこちらのパズルは、数独に似て論理的思考が必要なパズルです。年少の頃にやらせるとルールもよくわからずに当てずっぽうで解いていた感じでしたが、今ではちゃんと「ここに2と4があって3は入らないから1だ!」と論理的に解いていました。
少しだけ賢くなってる!嬉しい驚きです。

賢くなるパズル 数字ブロック初級―宮本算数教室の教材

また、我が家では問題集に直接書き込まずにクリアファイルをはさんでホワイトボード用のペンで書いたり消したりして使っています。これなら何度でもできるね!(マグネットを使うのはやめました。)

◆パズル道場
「なぞぺー」も「賢くなるパズル」もだんだん飽きてくるのでもう一つ易しめの問題集を、ということで「パズル道場」を投入。表紙の道を作る問題に惹かれて買っちゃいました。こちらは年長〜小学1・2年生用で論理的思考力と空間把握能力を養う問題構成になっています。

   算数パズル道場 トレーニング〈1〉年長~小学1・2年

この本は書き込んで使うには少し小さいので、転写や点結びの問題などは拡大コピーして使っています。ちょっと出題が堅い感じもしますがまぁいいかな〜。

割とどの本もサクサク進む秀人。これは英語より算数の方が向いてそうです。



なぞぺーやパズル道場などで出てくる図形の問題の場合、手を動かして実際にやってみると子供も楽しんでより学習効果が上がります。

例えばサイコロの展開図で正しいものを選ぶ問題の場合(なぞぺーの一番最後)、拡大コピーして切り取ったものを用意し、実際に立方体ができるか一緒にやってみます。
「あ、これはできた!」「これはだめだ〜。」と折ったり貼ったりと工作しながらのお勉強は楽しかったみたいで、またやりたい!と言ってました^^

  

他にも、なぞぺーやパズル道場に出てくる4×4の16個の正方形を四等分にするパターンを考える問題は、折り紙を使って実際に切り分けることをしました。

一緒に考えながらやってみると時々「あ!いいこと思いついた!」とすごく目を見開いていい顔してひらめく瞬間がありました。

このひらめきが大事なんですよね^^

机上のお勉強の前に、遊びながら、でも論理的に算数への導入をしていきたいと思います。

***

ポチッと応援クリックして頂けたら励みになります☆
にほんブログ村 子育てブログ 2008年4月~09年3月生まれの子へ

2013年10月2日水曜日

【4歳英語】9月の語数記録

9月の一ヶ月はこどもたちの読み聞かせリクエストが多かったです。

100冊マラソンの絵本、ドーラとディエゴの本、和書・・・。

読む方はだんだん疲れてきます。。。
3冊までならいいけど6冊以上はちょっと勘弁してほしい〜。
寝る時間が遅くなっちゃう(22:30とか・・・)!

読むのって結構疲れますね。体力がいると言うのでしょうか^^;
文字に慣れてない子供たちには尚更ですね。
読むための体力が少ないうちは、無理に読ませようとしなくていいのかもと思いました。


さて、9月の読み聞かせ語数は13,059語、累計語数は10万語を越えました。

読み聞かせの語数を記録するのって意味があるのだろうか?と思ったけど、いつかこのデータをグラフにしておうち英語を振り返りたいという思いがあり、読み聞かせが必要なくなるまで記録をつけていきたいな〜。

◆今月の取り組み
*DVD:えいごリアン1
えいごリアンの影響で(?)秀人が「I know,  I know.」と自然に言います。
なんかかっこいいなぁ。

*絵本:100冊マラソン、Dora、Diego

*書く:Cut-up Sentences
MooMooKids 絵本を使った英語子育てのふうみんさんが紹介してくださったCut-up Sentencesを我が家も始めました。
キンダー1のプリントから1枚ずつ始めています☆

*読む:Brand New Readers Blue Set
Brand New Readers Blue Set
秀人は読める本でも自分で読むことはあまりないです。(SWRやCTP)
簡単な本を沢山用意して、量を読むことで自信をつけさせる作戦の方がいいのかな?

語数の少ない本はコストパフォーマンスが低いと感じてしまってあまり買う気がしません・・・。でも、やってみないとわからないから試しに1つ買って読ませてみよう!

ということで、Blue Set の10冊(一冊30語程度)を一度読み聞かせして、それから秀人に読ませてみました。
すると、知ってる単語が多いのでどんどん読んでさらっと10冊読み終わりました。

なるほど。30語ほどの簡単な絵本なら割とサクサク読めるのね。
それじゃあ50〜100語の本はどうなのかな?

そんな感じで100語以下の絵本の、できれば何冊かセットのものを探しています。
何かおすすめありましたら、コメント頂けると助かります!

***

ポチッと応援クリックして頂けたら励みになります☆
にほんブログ村 子育てブログ 2008年4月~09年3月生まれの子へにほんブログ村 親子英語へ