2013年11月25日月曜日

2歳の囲碁と小学生のゲームについて

囲碁教室にまた仁菜を連れて行きました。



私と仁菜の13路盤対局、これよく見てください!
仁菜は白を持っていますが、盤面は互角か白良しに見えませんか?
お、恐るべし2歳児・・・。侮れません。
そして自分は全然上達しなくて最近へこみ気味です。

この状態で、仁菜が「もうやめる〜」と投了。
え、なんで?いい感じなのにー。

そして私はS先生と13路4子置きで打ってもらいました。

くせのあるS先生に以前相手をしてもらった時、厳しい問いかけに私の心が折れて半泣きしたという苦い思い出がありました。それ以来S先生に対して苦手意識があったのですが、今回はわからないときは素直に今の局面はどうなっているか聞きながらやりました。

そうして、間違った手を打ったときはやり直しさせてもらい、最後はずっとコウ争いが続きなんとか勝つと「今のは上手く打ててましたよ。今のように取るぞと脅しをかけて相手を逃がしながら自分の地を広げていくんですよ。」と初めて褒められました。

囲碁は本当に難しいけれど、毎回色々な気づきがあって勉強になります(^^)



最近は生徒が少なくて教室の活気があまりありません・・・。

土曜日は幼稚園生三人とその保護者、高校生二人、大人の方一人、先生が三人。

小中学生がもっといたらいいのにな〜と思います。


先日、近くの児童館で小学生対象の「はじめての囲碁」をI先生が開くと聞いて様子を見に行ってきました。

児童館には20人くらいの子どもたちがいましたが、男の子たちはみなゲーム機を持って仲間と一緒にゲームで遊んでいました。

「囲碁、やってみない?」と声をかけると「将棋ならわかるけど囲碁はわからないから・・・」とお断りされちゃった。

結局、ゲーム機を持たない女の子グループが4名参加してくれました。
さすが小学生、すぐに石取りのルールを覚えて打っていましたよ^^

オンラインゲームや対戦ゲームならまぁ楽しいのかもしれませんが、友だちと一緒にいながらおそらく別々のゲームをしている男の子たち。なんとなく仲間とその場にいて、とりあえずレベル上げをして、レアアイテムがでたら「おい、ちょっと見ろよ!」と皆で共有するのが彼らの遊び方なのかな。

これが今風のコミュニケーションなんでしょうね。

(携帯やPSPなどのモバイル)ゲームは確かに面白いし魅力的です。

でもそればっかりになってしまって、他のことに興味を持たなかったり、チャレンジしようと思わなくなるのなら、仲間でたむろしてゲームする状況は良くないとはっきり言えます。

ゲームに時間を費やせば費やすほど、残念なことに彼らの可能性や将来が狭まっていくような気がしました。

外で元気に遊んだり、もっと周りに目を向けて色々なことに興味を持ってほしいと子どもたちに願うばかりです。
そして大人は、それがゲームよりも面白くて価値があるんだよ、と説得できるようにならないといけないですね。

***

ポチッと応援クリックして頂けたら励みになります☆
にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へにほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ

2013年11月19日火曜日

和書と洋書の読書記録

最近、子どもたちは絵本が大好きです!

寝る前の絵本タイムの時、子どもたちが読んで欲しい絵本を何冊かキープしてて、順番に「次はコレ!」と出します。

秀人も仁菜も自分が持っている絵本を先に読んで欲しくて「僕が先!」「仁菜が先!」と喧嘩になるんですけどね・・・。「譲れる子は誰かな〜?」と私が言うと秀人が譲るというのが毎回のパターンです(^^;)


★100冊マラソンの絵本
今は41〜50冊目を読んでいます。
100冊マラソンにご興味がある方は英語本を見てね!

前回と前々回の20冊の中でおすすめの本を紹介しますね〜。

こちらの10冊の中からは、

Tickle the Duck! が一番楽しい絵本でした。
アヒルくんのお腹の部分がフワフワしている絵本で、くすぐられたアヒルくんが大笑いするお話です。

See You Later Alligator!もダジャレのような表現が沢山あって面白かったです。

Drummer Hoffは読むのが難しい本ですが、韻を踏んだ文章と独特な絵と衝撃のラストシーンが印象的でした。秀人がとても気に入っていました。

Albert 3は「僕は大きいか小さいか?」と哲学的なテーマのお話で、心に染み込む文章にハッとさせられます。

  こちらの10冊の中には、

読みたいなと思っていたEach Peach Pear Plumがありました。早口言葉の絵本かと思っていたら全然違いました。韻を踏んだ文章の後に「I spy ...」と絵に隠れているキャラクターを毎回探すとっても楽しい絵本です!シンデレラ、ジャック&ジル、ロビンフッドなど知ってるものもあったし、Mother HubbardやBaby Buntingといったわからないものもありました。(有名な童謡に出てくるのかな?)

あと、もう一つおすすめなのがWould You Rather? です。とんでもない状況の選択肢ばかりが並んでて「どれがいい?」と子どもたちと一緒に想像しながら読んで、本当に楽しい絵本でした。

★和書絵本
和書もいろいろ読みました。

どうしても子どもが喜びそうなギャグ系の絵本を選んでしまう(>_<)

おしりたんてい (単行本) こんなことがあっタワー ごめんやさい ぎょうれつ がまんのケーキ パンダ銭湯 おこる おいもほり

「おしりたんてい」は謎解きがとてもよくできていて面白いです!

「がまんのケーキ」「パンダ銭湯」のようなユーモアのセンスを磨きたい!

「おこる」は最近一押しの中川ひろたかさんの絵本。
「なぜ僕はいつも怒られてばかりなの?」「人はなぜ怒るのだろう?」「怒らない人になりたいな」、素朴な一言一言にドキッとしてしまいました。
つまらないことにイライラしたり怒鳴ったり、そんな格好悪い姿を子どもに見せるのはなるべく控えよう・・・と反省しました。

***

ポチッと応援クリックして頂けたら励みになります☆
にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へにほんブログ村 子育てブログ 2008年4月~09年3月生まれの子へにほんブログ村 親子英語へ

2013年11月17日日曜日

2歳囲碁デビュー☆家族で囲碁教室

土曜日の午前中はいつもの囲碁教室に行ってきました。

今日はお父さんと仁菜も参加したよ〜。

家で仁菜と囲碁で遊ぶときは、仁菜(いつも白石を持つ)が一つ石を置く度に盤上の黒石を一つ取っちゃうという特別仁菜ルールでやってました(^^;)

囲碁教室で秀人がI先生と打ってる隣りで「仁菜もやる〜」と言うのでM先生がお相手してくれました。


仁菜には囲碁のルールを教えていませんでした。
大丈夫かな〜。遊び始めちゃうんじゃないのかな〜。(母はとても心配)
お!でも始めは割といい感じに石を置いているようです。


そしたら、なんと最後まで打ち終わりました!
できないだろうと私は思っていたので、驚きと共にちょっと感動しちゃったよ。
先生が上手に誘導してくれたお陰です^^ありがとうございます。

「お兄ちゃんの囲碁を見てるからでしょうね、時々いいところに打ってましたよ。」
と先生からお褒めの言葉をいただきました。


秀人が囲碁を始めたのは3歳半の時。
でも、今から思えばその頃の秀人はすぐにおちゃらけて落ち着きなく、小学生のお兄ちゃんたちと遊んでばかりいました。
今日は何をしにきたんだろう・・・、全然打たなかったなぁ、と秀人に対してイライラしたりがっかりした気分で自転車に乗って帰ったのを今でも覚えています。

なので、仁菜を囲碁教室に通わせるとしたら4〜5歳からと考えていました。
囲碁教室に通わずとも、下の子はそのうち自然に覚えそうですしね。

でも今回みたいに、時々囲碁教室に連れてこようかな♪
仁菜の成長が見られるかもね^^


さて、秀人はI先生との9路盤対局が終わり、ホワイトボードと碁石マグネットでI先生とやっていたところに途中から仁菜も加わりました。


仁菜は背が低いから下の方しか置けないね。

さて、私が子どもたちを見守っている間に、お父さんはN先生と19路4子置きで対局してました。結果は盤上で1目差勝ち(コミをいれたら負け)。いい勝負のようでした。

私はというと・・・。
夏頃から入られた70代の奥様と13路で対局(ハンデなし、白持つ)。横でT先生が見ててくれて時々ヒントをくれますが^^
堅く打ってたらどんどん入られて、結果は持碁でした〜。勝ったら申し訳ない気持ちになるし負けてもつまらないし、持碁で良かった^^


子どもにやりたい気持ちを起こさせるコツをM先生がこっそり教えてくれました。

「2回勝たせて1回負かす」

このくらいのバランスがいいようです☆

***

ポチッと応援クリックして頂けたら励みになります☆
にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へにほんブログ村 子育てブログ 2008年4月~09年3月生まれの子へにほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ

2013年11月11日月曜日

【5歳英語】10月の語数記録

あ〜、11月も10日が過ぎようとしています!
10月は運動会、秀人の誕生日などバタバタしていました〜。

10月の読み聞かせ語数は11,327語、一年間合計で12万253語です。

読み聞かせ記録を始めて一年経ちました〜(*^o^*)

目標の「目指せ10万語!」は達成です。

でも、これってよく考えたら私の多読(?)記録ですね・・・。
確かに私の英語を読むスピードが始めの頃よりも上がったような?

子どもたちは英語に関してもこの一年間でとても成長しました。
そして私もちょっとだけ・・・(嬉)。

けれど最近は語数記録をつけるのが正直面倒になってきて、月のまとめを書くのが遅くなってしまいました。

でも、「あの時はこんな本を読んでいたんだな〜」と手書きのノートを振り返ると頑張って読み聞かせしていたあの頃を思い出すので、やっぱりこの記録は大切にしたいと思います。

子どもたちが自分で読むようになるまでは手書きノートで頑張ろう!

ちなみに、多読への道を歩み始めたら多読王国で読書記録をするつもりです。


*** 10月の取り組み ***

★絵本
 100冊マラソンの絵本
 ドーラ、ディエゴ
 Brand New Readers
 First Little Readers B
 Picture Dictionary
Brand New Readers Blue Set First Little Readers Guided Reading Level B: 25 Irresistible Books That Are Just the Right Level for Beginning Readers Young Children's Picture Dictionary Student Book with CD Longman Children's Picture Dictionary with CDs: With Songs and Chants

初心に戻って簡単で楽しい絵本をもっと読んだ方がいいのかな?と思ってSight Word Readersと同じ感じのFirst Little Readersを買いました。秀人も仁菜も一緒に楽しめるので、もうちょっとこのあたりをのんびり楽しみます!

★DVD
えいごリアン
えいごリアン2
えいごリアン 5巻セットBOX [DVD] えいごリアン2 5巻セットBOX [DVD]

秀人の誕生日プレゼントに「えいごリアン2」のDVDボックスも買っちゃった。
ものすごい食い付き様で、仁菜は戸棚にしまってあったDVDをいつの間にか出して大事そうに抱えています。
えいごリアンの影響で英語の発話が飛躍的に多くなりました。子どもたちが遊んでいると2割くらい英語で話しています。といってもアンパンマンごっこと同じ感じで、ユージやジャニカのマネをして「英語ごっこ」なんでしょうね^^

英語は「言語として学ぶ英語」ではなくて、「なんか面白い言葉」という感覚でいて欲しいです。

***

ポチッと応援クリックして頂けたら励みになります☆
にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へにほんブログ村 子育てブログ 2008年4月~09年3月生まれの子へにほんブログ村 親子英語へ

2013年11月7日木曜日

「よみかた絵本」の音読で読解力チェック

少し気になっていたので「よみかた絵本」を図書館で借りてみました。

よみかた絵本
よみかた絵本
posted with amazlet at 13.11.06
とだ こうしろう
戸田デザイン研究室
売り上げランキング: 240,451
この本、見てもらうとわかりますが、大きな字で「あ」から順番に簡単な文章とシンプルな絵が書いてあり、とても読みやすいです。



これは音読のいい練習になるかも!と早速秀人に読んでもらいました。

一日目は「あ」から「こ」まで10ページ。
次の日は「さ」から「と」まで10ページ。

一文字ずつまるでロボットのように音読してました。

たどたどしいけれど、短い文章なら一応は読めるようです。

それにしても、何気なく読ませていた「よみかた絵本」の文章がよく見るととても秀逸だということに気づきました。

「いそいで ぬいで とんでいった、なつの そら。
 せみの ぬけがら。」

とてもいい句ですね。蝉が一夏を慌てて生きた感じがします。

こちらはどうでしょうか。


「けいとの あおと けいとの くろを あわせて あんだ、
 おかあさんの みずうみ。」

大人は「ああ、なるほど。」と絵を見てわかります^^

秀人に「『おかあさんのみずうみ』ってなんのことだ〜?」と聞いてみると、これがさっぱりわからないんです。比喩表現なんだけど、なぞなぞみたいですよね^^
こういう文章は読むことはできても理解はしていないということがわかりました。

そして、こちらも。


「ひが のぼり
 ひが くれて
 ひが ともる。」

センスのある句ですね。シンプルでかっこいい!

また秀人にクイズをしてみました。「『ひがともる』の『ひ』ってな〜んだ?」
そしたら、「家が燃える」と答えた息子・・・。そっちの「火」じゃないんだよ。

秀人は「灯」という言葉が明かりや電気ということを知らなかったし、絵を見てもわからなかったみたいです。

「灯がともる」。
確かにあまり日常会話で使わないし幼児向けの絵本にも使われない表現だと思います。

今は知らない言葉でも、絵を見て推測してなんとなくわかるようになって・・・、そうやって読書を通じて語彙を増やしていくのかな〜と実感しました。

それと、たとえ音読ができても文章の読解ができているとは限らないということがよーくわかりました。

こちらの文章はわかるかな?


「まりの ように まんまるい ちきゅう、
 まっさおな うみ。
 まわりは、はてしない うちゅう。」

秀人への質問。
「『まり』って何でしょうか?」
「ちきゅうのまわりには何がある?」
「うちゅうはどんなうちゅう?」

一番目の質問には「?」でした。確かに、本物の鞠って見たことないね。
二番目の質問は、「うちゅう!」と正解!
三番目の質問は、再び「?」。「宇宙は果てしないんだよ。」と教えても「?」な顔。
「宇宙には終わりがないんだよ。」と私が言うと「あるよ!」と息子。

ほほう。宇宙には果てがあると主張するんですね?
宇宙が無限か有限か?については是非今度ゆっくり語り合おうね!



「よみかた絵本」を音読させて気づいた点をまとめると、
・ある程度のひらがなは読むことができる。
・読めることと読解できることとは別。
・日本語の豊かな表現で書かれた文章や様々な語彙に触れることが大事。

誰が読んでもわかる簡単で親切な文章や日常的に使われて慣れている言葉ばかりの文章をいくら沢山読んでも、語彙も増えないし読解力もあまり身に付かないのかもしれませんね。

国語力を上げるなら絵本も質(文章)の良いものを選ばなければなぁ、と思いました。

ちなみに、
戸田デザイン研究室の絵本はいろいろあります☆
どれも言葉は少なめで絵から意味を感じ取るような絵本ばかりです。
あいうえお えほん にっぽん地図絵本 とけいのえほん ABCえほん 22の色―日本の色彩 (こどもの色彩感覚を育てる絵本シリーズ) 漢字えほん
「22の色」は持っていて、和の色名が紹介されてる絵本です。こんなに沢山伝統的な色があるんだ〜っと驚きました。

「よみかた絵本」の次は「漢字えほん」が気になります。

***

ポチッと応援クリックして頂けたら励みになります☆
にほんブログ村 子育てブログ 2008年4月~09年3月生まれの子へ