2014年6月19日木曜日

英語でも日本語でもライミング

ライミングの本を先月くらいに読んでいて、もっとライミングを意識して言葉遊びを楽しみたいな〜と思っていたら・・・。ふうみんさんのブログのライミングフォネミック・アウェアネスの記事がとても参考になりました。


ライミングに気づくと、「あ、ここにも。こっちもライミング!」と英語が面白く感じられますね。

マザーグースの歌をパラパラみていたら、「キラキラ星」もライミングを使ってたんですね!今まで全然意識しないで歌ってました〜。
Twinkle, twinkle, little star - Mother Goose Nursery Rhymes

  Twinkle, twinkle, little star,
  How I wonder what you are!
  Up above the world so high,
  Like a diamond in the sky.

そういえば・・・。
1、2年前に「ベーコンわすれちゃだめよ!」という和書絵本を借りて読み聞かせをした時のことです。
ストーリーはお買い物を頼まれた男の子が、品物を忘れないようにブツブツ言ってるうちに違う物にすり替わっていくお話です。

日本語の絵本を読んでると、何かしっくりこなくて不自然だなぁと感じてしまいました。
なんでその言葉がそっちにすり変わるの?なんか変だなぁ???

そうか!と、すぐにライミングだと気づいて納得したのですが、
さすがに、和訳してしまうとライミングの面白さが伝わりませんね^^;

たまたまブックオフで「Don't Forget the Bacon」を見つけたので思わず買ってしまいました。
  Don't Forget the Bacon! ベーコン わすれちゃ だめよ! (世界の絵本)

言葉遊びが楽しい本は、是非とも原文を読みたいですね!


ところで、我が家のこどもたちはライミングをどれくらいわかっているのでしょう?

ライミングのあるセ文や歌があったときに、「どれがライミングかわかる?似ている音はどれとどれかな?」とクイズを出しました。
すると、正解率は50%くらいかな?
文章を見て答えのワードを探しているみたいで、本当に耳で聴いてわかっているのか怪しいですな。

じゃあ、日本語ならどうなの?
"プリチー、おれっち、ともだち、ふくはうちー♪"とお馴染みの妖怪ウォッチを歌ってみて、同じ質問をしてみると・・・。

息子、ぽかーんとしてました。

よし、わかった!
まずは日本語で韻を踏んだ歌から始めようね☆

日本語で韻を踏んだ言葉遊びをやってみます^^



ちなみに、仁菜の方は・・・。
「"キュウリ"と"キュウビ"ってライミング?」と質問してきました。
う〜ん。ちょっと違うけど惜しいね!

***

ポチッと応援クリックして頂けたら励みになります☆
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ にほんブログ村 親子英語へ

2014年6月8日日曜日

家庭学習新たな試み☆おうちでそろばん

3月頃から本当に少〜しずつ、家庭でそろばんを始めました。

数字が好きな息子。
やり方がわかれば、きっとそろばんも好きになる気がする☆

ですが、私自身はそろばんの経験がなくて、玉の動かし方すら知りません。。。

そこでそろばん教室の体験に息子と行って、そろばんや鉛筆の持ち方を教えてもらいました。(鉛筆を持ちながら玉を弾くんですね!知りませんでした)

そろばん教室では、基本的な計算のルールを教えてもらったら、
あとは教本に沿って自分で計算練習するという感じでした。

お教室に通うと、週三回で五千五百円。

熱心でユーモアのある素敵な先生で、入会するか夫に相談してかなり悩みました。

しかし、平日三回もあると、余裕のないスケジュールになってしまいますね。
やっぱりお友達と遊ぶ時間はしっかり確保したい!

そこで、そろばんを教える自信は全然ないけれど、わからないところはお父さんに聞いて
私も学びながらマイペースに自宅でやってみることにしました!


まずは、未就学児でも楽しくできそうな簡単なテキスト探しから。
(そろばんは、実家にあったのを持ってきてもらいました。私の母が使ってたもの?)

パッチートレーニングという教材を使うことにしました。

パッチートレーニング0巻 パッチートレーニング 1―そろばん学習用教材 パッチートレーニング 2―そろばん学習用教材

0巻は、0から100までの数字をそろばんの玉を使って表す練習。
1巻は、数字の書き方の練習や繰り上がりのない足し算引き算。
2巻は、10の合成や繰り上がりのある足し算。

特にいいなぁと思ったのは、1巻以上には合間合間に、
数を数える問題や、シールを貼る問題、色塗り、点つなぎなどがあって、
単調になりがちな計算練習中に息抜きができるところです。


息子は今、2巻を終えて今日から3巻に入りました。

最近はそろばんに慣れてきて、私が横についてなくても(集中すれば)一人でパチパチやっています^^

一日1〜2ページで進み、このまま一ヶ月に1巻のペースで続けていけたらいいなぁ。

パッチートレーニングは6巻まであるので、秋頃終わる計算になりますね。

まぁ、年内目標でマイペースにやっていきます☆

パッチートレーニングが終わったら、こちらのテキストもやってみようかな?

やさしいそろばんのほん



こどもたちが算数を好きになってくれて、一緒に難問に挑戦するのが私の秘かな野望(楽しみ)です。

でも、たとえ難しい問題を解けるようになったとしても、計算ミスしてたらとてももったいないことです!

私が子どもの頃は、計算ミスをしないかわりに必要以上に検算をしてたので、解くのが遅かったですね。

数字を見ただけで答えが出てきちゃうくらいのそろばん上級者が本当に羨ましいです。

そろばん(暗算)をマスターすれば、一生モノのスキルになるかも!?(素晴らしい!)

***

おうちそろばんをやってみよう!と思った方、ぜひぜひ気軽に挑戦しましょう♪
ポチッと応援クリックして頂けたら励みになります☆
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

2014年6月5日木曜日

5月の取り組み

5月の取り組みを振り返りたいと思います。

*おうち英語

5月の一番の成果は「一人読みシール作戦」が意外にも成功したことです。

今もやる気が続いてて、簡単な絵本を読んではせっせとシールを貼っています☆

読むことに対して前向きに、主体的になり、この効果は大きいなぁと思いました。


☆一人読みした絵本
Clifford Phonics Fun Pack1
Clifford Phonics Fun Pack2
Oxford Owl eBooks(数冊)

クリフォードは家にある12冊セットを読んでいます。

購入した時は割と読み聞かせを楽しんでいたのに、少し経つとあまり好きではなくなって
一年近く手に取らなかったのですが、最近また読み始めました。

Pack3以降もあった方がいい?と聞いたら「うん!」だって。

じゃぁ、そのうち買おうかな?
(でもCDは全然聞いてくれないんだけどね・・・)

First Little ReadersのBセットは持っているのですが、
AとCはteacherexpress.scholastic.comでiPadを使って読みました。
画像がうまく表示されない本もありましたが、それ以外はほとんど読んだかな?

今後はインターネットを利用してeBooks中心に読んでいこうかなと考えています。


*その他

ひらがなの練習は五巡目に入り、お手本を見なくても上手に書ける字が増えてきました。

それから家でそろばんを始めてみて、なんとなく軌道に乗るようになり、
本人のやる気がちょ〜っと出てきました。
このままマイペースに続けていきたいな。

ひらがな、そろばん、ピアノは毎日少しずつコツコツやっていきたいと思います。

***

ポチッと応援クリックして頂けたら励みになります☆
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ にほんブログ村 親子英語へ

2014年6月3日火曜日

【囲碁】メンタル弱くて大丈夫か?

初夏ですね!暑くなってきました。
日焼け止め塗って、帽子を被って、水筒持って、毎日外遊びです☆

さて、土曜日の囲碁教室は・・・

なるべく色々な人と沢山打ちましょうということで
NS先生が対局表を作ってきてくださいました。

対局表はホワイトボードに貼って、勝敗を書き込めるようになっています。

こういうものがあるとモチベーションが上がりますよね♪

NS先生、ありがとうございます^^


さて、秀人は妹相手に一勝して、
次に、相手が子どもでも容赦のないS先生と打ちました。

13路盤で置き石ありでまだ序盤なのに、
先生に三三に置かれて、途端にやる気を失いグズグズと泣き出してしまいました。

自分の陣地(だと思っているところ)に入られて、嫌な気持ちはよ〜くわかるよ!

でもね〜。
そこでどう対応するか、冷静になって考えて欲しいなぁ。
(思っているほど状況は悪くないんだよ!)

三三に入られちゃったら、小さく生かして、
自分も相手の三三にやり返せばいいじゃん、と母なら気にしないのに・・・。

たった今の、この状況しか頭にない息子には
最終的に相手より一目でも多ければ勝つという、未来のコトを考えられないのでしょうか。

私は、囲碁を打ちながら、時々、
点々と置かれた黒白の石がだんだんと形になっていって、
全然思いもしないかった模様になるのが、不思議だな〜と思うことがあります。

街作りみたいな。
戦国時代の領土拡大的な。

勝ち負けよりも、少しずつ構築されていく様を眺めているのが最近楽しいです。
色々な思惑が絡み合いせめぎあった末、最終的に決着した終局図とか面白いですよ☆

そういう、この先どう展開するか全然わからないところがドキドキするし、
その状況で勝負を捨ててはいけないと思うのですが・・・。

自分の弱いところ、不得意なところを突かれて一気にやる気を失ってしまう・・・
つまりはメンタル面がまだまだ弱いということ。

もう少し成功体験を増やして自信をつけさせないとダメかな〜。


さて、息子は次に年配女性Iさんと対局しました。

・・・どう見ても、負けですね。
ううむ。戦国時代だったらすぐに滅ぼされちゃうぞ、こりゃぁ。

もう三年目になるのにこの調子はさすがに微妙だと思います。

定石や布石など一緒に石を並べて、こういう風に打てばいいんだよ、と
家で囲碁の時間を作らないとダメなのかな〜。


母のキモチ  → 楽しく!でも、上達して欲しい。
息子のキモチ → やる気はある!でも、全然わからない。(先のことを考えられない)

頭のスポーツと言われている囲碁。
ちょっと息子には難しいかも〜!(もしかして、向いてないんじゃ・・・?)

***

ポチッと応援クリックして頂けたら励みになります☆
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ