2015年3月16日月曜日

文字のない絵本で絵の分析

前に紹介した三森ゆりかさんの本を読んで「絵の分析」を子どもたちとやってみました。

絵本で育てる情報分析力―論理的に考える力を引き出す〈2〉
三森 ゆりか
一声社
売り上げランキング: 130,489


実はこの本の最初の数ページに1ページに1枚に絵画が載っています。
その絵をじっくり見てそこから何がわかるかあれこれ言うのです。

季節はいつ?時間帯はいつ?何をしている絵?誰がいる?動物は描かれてる?
登場人物はどうしてそれをしてる?彼らはどんな気持ちかな?
どんな話をしてるかな?これからどうするのかな?

ただ絵を見て言うだけでなく、根拠や理由も一緒に言います。
だから結構日本語力が必要です〜。

普段は口数の少ない息子ですが、日頃から私が「どうして?なんで?」と彼の話すことにツッコミを入れるので「なんでかっていうと・・・」と理由を説明するのはできていました。

絵の分析を実際にやってみて、絵の中に描かれているほんの小さいものにも意味があるということがわかりました。
そういう小さなヒントを拾って深く考える作業を続けていくと、ぱっと見ただけでは気づかない本質やメッセージを感じることができます。

「絵の分析」は観察力、思考力、本質を見抜く力、理解力、感性などを養えて、とてもいいトレーニングだなと思いました。


さて次に言葉のない絵だけの絵本を使って「絵の分析」をやってみましょう♪

☆トゥースフェアリー
トゥース・フェアリー
西洋では抜けた歯を妖精が持っていくというお話は知っていましたが、あまり詳しく知らなかったのでとても興味がありました。枕の下から歯の入った箱を引っ張りだしてコインと交換したり、妖精が持って帰った歯をどうするのかとてもワクワクする絵本です。


☆みえないさんぽ このあしあとだれの?
みえないさんぽ―このあしあとだれの? (児童図書館・絵本の部屋)

絵から状況(足跡など)を読み取って、何が起こったのかな?これから何が起きるかな?
と推理しながら楽しむ絵本です。正に「絵の分析」向けの絵本ですね。


☆やめて!
やめて!

インパクトのある表紙に惹かれて図書館で借りてきた絵本です。
はじめは戦時下のような破壊的で不安な描写が続きます。その後小さな男の子が少年に乱暴されそうになったときに放った勇気ある一言。

「やめて!」

されて嫌なことに対して相手にはっきりと拒否する、このメッセージは是非子どもたちに覚えておいて欲しいです。

お友達に嫌なことを言われた、または叩かれた。
そして何も言えずにただ悲しくて悔しくて泣いてすがりにやってくる。

そういうときにはね、「やめて!」の一言で自分を守り、自分を傷つけてはいけないことを主張しましょうね。

暴力は絶対にダメ。
「やめて!」と言えないと、相手は「いいよ」と勘違いしてしまうよ。

訳者の柳田邦男さんのあとがきより
(中略)大人たちが暴力をなくそうとしないで、どうして子どもたちの世界からいじめをなくすことができようか。子どもたちは、この世で起こっていること、大人たちの理不尽さを見ているのだ。(中略)そして、"NO!"という言葉は、世界中の子どもたちが安全に仲良く遊べるようになる時代への「希望」をひらく表現なのだと、マクフェイル氏(著者)は言う。それは、戦争からいじめに至るまで、すべての暴力に対して、大人も子どもも、はっきりと拒否する意思表示をしなければならないというアピールでもある。 

話がそれましたが、子どもたちと絵の分析をしていて、飛行機が爆撃して家が壊されて兵隊が現れる場面で息子が「ウクライナみたいだね」と言いました。

ウクライナ情勢はニュースで見るけれどそもそもウクライナってどんな国でしょう?
少しでもウクライナがわかればいいなと思い、ウクライナ民話を読みました。

てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)

てぶくろの中に色々な動物が寄り添って入れるように、人間も平和に解決できますように。

***

ポチッと応援クリックして頂けたら励みになります☆
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

2015年3月12日木曜日

習い事について*6歳息子の場合

幼稚園生活もあと残りわずかとなりました。
四月から始まる小学校と娘の幼稚園入園の準備を始めています。

必要品を揃え(買ったり作ったり名前を書いたり)、
部屋の模様替えをしてランドセル置き場を決め、
一週間の行動予定を考えています。

習い事についてはいろいろ検討して、整理(日程調整)をしました。
限られた時間を有効に使って欲しいですからね〜。

新生活がスタートしても基本的には友達と沢山遊んでほしいです。
それから様々なことを体験して、夢中になれるものに出会えるといいなぁと思います。


最近私が思うことは、
「始めるのは簡単だけど継続するのは難しい」ということ。

今息子が継続中の習い事はサッカーと水泳。
そして、継続できていないのは囲碁とピアノと英語です。

サッカーは年中のときから始めたのでもうすぐ二年になります。
サッカーボールがすり切れてもうボロボロ。なので二代目のボールをついに買いました!
そういえばこの前の練習のときに「リフティングが9回もできたよー!」と嬉しそうに言ってました。(ワンバウンドだけどね^^;)

水泳の方は息子の希望で昨年の秋から始めました。
水に顔をつけるのを嫌がっていた一年前に比べると信じられないほどの成長です。

息子は水泳もサッカーも同じくらい好きだし続けたいと言ってます。

反対に・・・
囲碁はやりたくない。
英語は読むのが好きじゃない。
ピアノは気が向いたときにちょっと弾く程度。

でも、そんな感じでいいと思います。
色々なものを続けるにはとにかく時間が必要です。
(そんなに色々できませんよね〜。)
得手不得手、好き嫌いもありますし。

息子には興味のあることや好きなことに彼の時間を使って欲しいなと思います。


*サッカーやってよかったなぁ、のお話*

息子はとてもサッカーが好きになり、練習試合にも出させてもらっています。
友達と遊ぶときもボールが欠かせません。

幼稚園以外のお友達、年上のお兄ちゃんたちやコーチの方々との交流もとても良い経験になっています。

この前、公園で小学5年生くらいの男の子たちがサッカーで遊んでいたので、
「一緒にやらせてー」とお願いしてみたら快く息子を仲間に入れてくれました。

高学年ともなるとパワーもスピードもテクニックも全然違いますね!
でもお兄ちゃんたちは息子には手加減してくれたり、気を遣ってパスをまわしてくれたりと本当に優しさ溢れるプレイで安心しました。

息子は息子で年上だからと全然怯まずにボールを追いかけ、本当に夢中になって走っていました^^

そうしたら「君、名前は?」と誰かが息子に聞いて、その後は「ヒデト、ヒデト」と名前を呼ばれるようになり立派に仲間(?)になっていてびっくりしました。

知らない人ともすぐに溶け込める「スポーツの力」って本当に凄いなぁと感じました。

ボールがあればすぐに仲間や友達になれるって素敵なことですね☆



***
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

2015年3月9日月曜日

2月の家庭学習

ベイマックスを観てきました!
戦うシーンで仁菜は怖がっていましたが科学技術とか都市の場面とか本当にカッコ良かったです。
ディズニーやジブリなど良いアニメ・映画を観て感性を養いたいですね。
最近はフランダースの犬、風立ちぬ、猫の恩返し、魔女の宅急便を観ました。
(ちなみに私は一人で、そして父になる、小さいおうち、ショコラを観ました。どの作品も良かった〜)


さて、家庭学習の方は徐々に読書と算数に力を入れてきました。

☆ひらがな
2月の課題で幼年課題は最後でした。3月からはついに毛筆課題が加わります。
息子には字のバランスと氏名を丁寧に書くことを気をつけて書くようにアドバイス。
いつも一週間くらい練習をさせ、その後に、提出するために集中して書いて仕上げる期間を設けています。
この提出用を書く期間が早くなり全体的に時間の余裕がでてきました。これなら毛筆課題が増えても大丈夫そうです。


☆そろばん
10級の問題集を1日1枚やって全部終わって、次のテキストは「しゅざん1」に入りました。
しゅざん1 最新能力検定問題集 9・10級編
この本の前半は足し算引き算なので今までの復習を兼ねて進め、後半部分にはかけ算がでてきます。
幼稚園で九九を教えてもらいましたので、かけ算の計算もちゃちゃっとマスターしちゃいましょう〜!

でもこのテキストはパッチートレーニングと比べるととても淡白です。。。
遊び要素ナシ、説明はあっさり。
このテキストからそろばんを始めるのは、ちょっと・・・という感じですね。
そのかわり問題数が多く、計算練習用には丁度良いのかな。


☆算数
賢くなるパズル基礎編1が終わりました。
と言っても一人で全部解くことができたわけではなく、ルールをわかっていない時や難しくてさっぱりわからない場合は私が一緒に考えて解きました。

「絶対に教えないでください」と本に書いてありますが、考え方がまだ確立していないうちはいくら悩んでも解けないだろうなぁと思いました。(実際に解いてみたらいくつか結構難しい!)
少し期間をあけたら今度は一人で挑戦させてみようと思います。

次は図形のパズルをやってみよう〜。
天才脳ドリル/空間把握 初級

そういうつもりではなかったのですが、月に一冊のペースでパズル系のドリルが進んでいます。
こういったドリルを解いたところで算数力がつくのかあまり過大な期待はしていませんが、考える機会になるし、いろいろな問題(事象)を多く経験させることに意味はあると思いました。

息子も意欲的に取り組んでるし、しばらくこのペースで続けていきますか。
まだまだ直感的に考えているけれど算数は好きみたいです。

反対に苦手なのは国語・・・。

国語力をつけるために行っていること(主に読書)はまた次の機会に!

***

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ