2015年11月15日日曜日

10月の家庭学習★捗らない原因は?

寒くなって日が暮れるのが早くなってきましたね。
こどもたちはそんなことはお構いなしに、毎日暗くなるまで外で遊んでいます。

10月の家庭学習のまとめです。

*ひらがな
ひらがなは週1〜2回で継続中。

*そろばん
そろばんは週2〜3回で継続中。
掛け算と割り算のやり方がごっちゃになってわからなくなってしまうみたいですね。
だいたい7級くらいの問題を少しずつ解いています。
しゅざん2 最新珠算能力検定問題集 7・8級編

*問題集など
時間のあるときにこれらをやっています。

グレードアップ問題集小学1年国語 読解 5歳~小学3年 考える力がつく 算数脳パズル なぞぺー(1)

まとめを見てわかるように今までより進みが遅くなっています。

それというのも学校の宿題を優先してやっているからなんですね。

今日は宿題の話をメインにします〜。



一年生の宿題の量はそれほど多くはありません。

毎日の宿題
 ・算数の計算プリント1枚
 ・国語の字の練習プリント1枚
 ・国語の教科書の音読
 
時々ある宿題
 ・絵日記 1枚
 ・テストの直し

算数はスラスラ〜と仕上げるのですが、
国語のプリントでは終わった後に私がチェックして、雑な字があるとそこだけやり直しをさせています。(名前とかも)

それから、たまにですが音読した後に文章の理解度クイズをしたりも。

そして特に時間がかかる宿題は、絵日記です。
何についてどう書こうか悩んでばかりでなかなか鉛筆が動きません。。。

書きたいことが思いつかない・・・
特に伝えたいこともない・・・

その結果、悩んだ末に「楽しかったです」で終わる当たり障りのない絵日記になってしまいます・・・。

う、う〜ん。

そこで絵日記について私なりに考えてみました。

まず、学校における学習の狙いとしては「文章を書く機会を増やす」ということだと私は思います。

それなら不適切な内容でない限り自分の好きなことを書けばいいじゃん!

毎日毎日どこかへ行ったり印象に強く残るような楽しい出来事なんてそんなにないですよね。

夕食の時に息子が話してくれたことをそのまま書けばいいんだよ、とアドバイスしました。

絵日記に取り組む手順ですが、
我が家では絵日記を書く時こんな風にやるようになりました。

1.まず絵を描かせて出来事を思い出させる。
2.話をしながらいろいろ質問をして詳細を聞き出す。
3.メモ用紙に下書きする。
4.文字数をカウントして調整したり、文章の流れを考える。
5.最後に丁寧に清書をする。

もちろん下書きなしで思いついたことをスラスラ書いたっていいんですよ。
お話するのが上手な子や文章を書くのに抵抗がない子はそれで良いと思います。

一つ文章を書くと「あれ?それで何だっけ?」と頭の中がゴチャゴチャになっちゃうタイプの子には、一度メモでいいから思いついたことをアウトプットして、それを整理して文章にする方法が効果的だと私は考えます。

文章の書き方は人それぞれいろいろあると思いますが、
慣れるくるまでは我が家はこんな感じでやってみます。

時間はかかりますがつまらない宿題だと思わずに、
ライターになった気分で絵日記を仕上げちゃいましょう♫

***

ポチッと応援クリックして頂けたら励みになります☆
にほんブログ村 子育てブログへ

2015年11月4日水曜日

癒しと感動のガーデニング

実は私、プレッシャーやストレスにとても弱くて弱くて・・・

ずいぶん前の話になりますが、9月は少し気持ち的に大変な時期でした。

息子の友達関係のいざこざや、仕事上のやや重めのタスクによる緊張感で
少し心が参っていました。

なるべく冷静に、ポジティブに、と頭ではわかっていたのですが
それでもやはり一ヶ月ほど心臓がずっとドキドキして(血圧上昇?)
かなりストレスを感じていました。

そんなときに、私を癒してくれたのは、

ベランダの植物たち。



毎日微妙に変化して成長する姿は、不思議であり、感動しました。


日差しが強い日は水をたっぷりあげないと、デュランタの葉はくた〜となり、

母からもらったスミレが閉鎖花という花が咲かない状態で種を作り、

小学校からもらってきた朝顔は、水を遣ればまだ咲き続けます。

秋植え球根のラナンキュラスやアネモネの植付ける前の吸水処理なんて、本当、面白すぎます。

いつ蒔いたかすら忘れていた種が、ぴょこんと芽を出し大きくなってきました。
花が咲いたらきっと正体がわかるはず。
人が蒔いた時ではなく、その植物のタイミングで芽を出すんですね。

自然に委ねる心を小さな芽から教わりました。


スミレの閉鎖花には種がぎっしり入っていて、そのうち割れて飛び出します。
厚めのしっかりした葉が発芽。これは一体なにかしら?


まさに、センス・オブ・ワンダー。

センス・オブ・ワンダー


テーブルの上にいつでもお花があるというささやかな夢、
やろうと思えばすぐに叶いましたね^^

***

ポチッと応援クリックして頂けたら励みになります☆
にほんブログ村 子育てブログへ