2016年4月28日木曜日

作文マジックを試してみました

新学期が始まり、こどもたちはそれぞれ元気に通学・通園しています。

特に息子は元気すぎるほどです😅

息子は、朝はだいたい5時半に起きて好きなことをして過ごしています。
(レゴで遊んだり、本を読んだり、テレビを観たり、ゲームをしたり)

そして、7時半過ぎには家を出て歩いて10分ほどの小学校に向かいます。

そんなに早く行っても教室には入れないのに一体何をしているんでしょうね。
とにかく、小学校に楽しく通えているのは何よりです。


さて、息子のことで最近気になることは、「作文」です。

嬉しいことに昨年一年間の絵日記を書く宿題の成果もあり、
二年生でも絵日記の宿題はありますが、スラスラ書けるようになりました。

けれど、内容というか題材が・・・ちょっとズレています。

例えば、家族でお出かけしたことを絵日記に書くと、彼の場合こうなります。

「◯◯に行きました。車で行ったので酔いました。」
という内容で、車酔いして気持ち悪かったことがメインになってしまいました😱
(お出かけは沢山遊べてとっても楽しかったんですよ!)

自由帳にはちゃんとお出かけしたときの楽しい思い出を自由に書き綴っているのに、
絵日記の宿題になるとなんだかヘンな内容になってしまいます😓
(たぶん思いついたことをテキトーに書いているんだと思います。)

何を伝えたいのか、どういう流れや順番で書けばいいのか、
その辺を頭の中で一度整理してから書ければいいのにね〜。

せっかく絵日記の宿題が出ているから、
作文の書き方を小学校できちんと教えてくれたらいいのになぁと思いました。


そこで、こちらの本を息子に勧めてみました。


こちらの作文方法は、四つの段落に分けて「はじめ→中身1→中身2→まとめ」で
一つの作文を構成する方法でとてもわかりやすいです。

しかも、いきなり作文を書かせるのではなくて、言葉の並べ替えクイズをしながら作文例を完成させて書く方式が簡単で楽しいようでした☺️

入門編を今使っていますが、この本のいいところは巻末に四段落に区切った原稿用紙がついていて、コピーして同じように書けるところです。

作文例を参考にして同じように書けば良いので、スラスラ鉛筆が進みます。
でもまぁ190字なので、低学年用かなと思います。

しばらく様子をみて、良さそうだったらこちらも購入しようと思います。

スラスラ書ける作文マジック: 作文の神様が教える (eduコミユニケーションMOOK)
岩下 修
小学館 (2013-07-18)
売り上げランキング: 5,111

今後、もっと長い文章や論理的な書き方など必要になってくるでしょうから、
作文の本をちょこちょこ調べようかな〜と思います。

***

ポチッと応援クリックして頂けたら励みになります☆
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ